読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naz-naz

やさしいまほうのつかいかた。

いい感じ。いやな感じ。

f:id:legarsi0712:20170221073230j:image

幸せとは何でしょう?

夢を叶えること。
お金持ちになること。
好きな人と結婚をすること。

どれも間違いじゃないけど、間違いだよね。

夢は特に…って人がいるかもしれません。
お金はそんなにいらないって人がいるかもしれません。
ひとりの方が自由で好きって言う人がいるかもしれません。
実は答えは本当にシンプル。
あなたにとっていい感じがするかどうか。


自分が好きなものを食べてるとき、いい感じはしませんか?
好きな音楽を聴いてるとき、お風呂に入ってるとき、仕事が終わったとき、欲しいものを買ったとき、好きなテレビ番組を見てるとき…
あなたにとってのいい感じ、忘れていませんか?

今までにたくさんのいい感じに触れてきてるはずなんです。
その「いい感じ」に大小は関係ありません。
布団が気持ちよかった、今日もご飯が美味しい、道端の猫が可愛かった。
そこに浸っている時間が長い人ほど、自分は幸せだと自然に言えてるような気がします。


では、不幸ってなんでしょう?

人はつい、いやな感じについて注目してしまいます。
いい感じをいやな感じにあえて変える魔法使いが多いんですよね。
上手くいってるとき、失敗を考えます。妬まれることを考えます。奪われることを考えます。
「私だけが幸せになるわけには…」という罪悪感を抱える人もいます。
いやなことを考えてるとき、知らず知らずいやな感じの沼に浸かっていることに気付きません。
絶望、愚痴、暴言…これらのネガティブな想いは面白いくらいに人を沼に沈めます。
抜け出し方がわからない…というよりは、それが普通だと思ってしまうのです。

いい感じにずっと浸ってる人は、いやな感じになってもすぐにいい感じに戻せます。
いやな感じにずっと浸ってる人は、いい感じになってもすぐにいやな感じに戻せます。
実は気づいてないだけなのです。
いい感じはいい感じになることしか呼んできません。
いやな感じはいやな感じになることしか呼んできません。
普段どこに注目して生活してるかどうかの違いしかないんです。
そしてどちらとも簡単に変えることができるのです。

いやな感じがしたらとにかくすぐにそこから逃げて、いい感じになるものに触れてください。目をそらしてください。まともにいやな感じを受け取らないでください。
どうせならいい感じにあえて変える魔法使いに…!


いい感じなのかそうでないかは、あなただけが分かる感覚です。

何か贈り物を受け取った時、嬉しいと思いますか?申し訳ないと思いますか?
「私なんかに気を遣わせてしまった」と思う人がいるかもしれません。
ほんのちょっとでも嬉しいって思えたなら、その気持ちを大事にしてください。
「私なんかに配慮できるこの人は凄い」って思ってみるのもいいかもしれません。

まずはそのいやな感じ、ゆるめるゲームをしませんか?
捉え方はあなた次第なのですよ。