読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naz-naz

やさしいまほうのつかいかた。

友達でいるということ。

f:id:legarsi0712:20170515185458j:image

友達という言葉を知らない人は、たぶんいないと思います。
でも「友達とは○○である」に埋まる言葉って、完璧に一致することもないと思います。
一言でいい表せない、に尽きるんですけども。

なんとなーく知っている友達。
「友達かどうかは確認するものではない」っていうのはすごくわかる。
「自分が友達って思ったら、それは友達」っていうのもわからなくはない。
けれど、私たちは不安になる。

あの人は私を友達と数えてくれてるのだろうか。
この人は友達って感じには遠いけどどうなんだろう。
「俺たち友達だろう?」と言いながら持っていかれるゲームとか。

さて、友達ってなんだろう。
信じることができること。
たくさんの時間を過ごすこと。
何でも相談できること。
困ったとき助けてくれること。
辛いとき一緒にいてくれること。
ありがとうと言えること。
ごめんなさいと言えること。
 
自分の中で、友達ってこういうものだろうってなんとなーく知っているなら、それに自分がなるしかない。
そしていろんな人に会って、いろんな友達の形を知っていく。
それが友達になるということ。
友達になってくれるのを待っていたら、相手にとって自分はずっと友達じゃないままなんだ。

自分ばっかり良い友達を演じているような気がする人がいるかもしれない。
友達だなんて思ったことがないって言われてしまったことがあるかもしれない。
友達というあだ名の暴力を受けたかもしれない。
「友達ってなんだろう」
ここにちゃんと帰ってくること。
 
私は自分にも正直に生きるために、友達に対して正直になってみました。
まっすぐ私を受け止めてくれ、友達も正直になってくれました。
本当の気持ちを出したとき、本当の気持ちで返ってきます。
本当っていうのは、そこには自分がいないということ。
つまり、純度100%で相手に渡す気持ちであること。
それが友達でいるということ。